FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
ダイヤモンドポイント
003.jpg


埼玉県上尾市にあります歯医者「とも歯科クリニック」のブログへようこそ



今回は前回のエアタービンに必ず装着するものをご紹介します。

いわゆる、ドリルの先にくっつけるあのとんがったヤツです^^;



実はあのドリルの先っちょはダイヤモンドで出来ています。



なので名前はダイヤモンドポイント、またはダイヤモンドバーといいます。



ダイヤモンドを使ってるだけあって、小さいんですけど実は高価なんですよ^^




何よりも固いダイヤモンドで削るから、あんなに固い歯でもバリバリ削れるんですね><



形状も色々あって、とがったもの、丸いもの、四角いもの、くびれがあるもの、長いもの、円盤状のもの、本当に様々です。



その中でも、セラミックの詰め物を作る時に使うもの、通常の銀歯を作る際に使うもの、仕上げの磨きに使うもの、目の粗いもの、細かいもの等でさらに細分化されます。



なので私も今現在いくつのダイヤモンドポイントが存在してるのかは不明です^^;



みなさんはよくとがったドリルを想像されることが多いみたいですが、実際の診療ではとがったダイヤモンドポイントはほとんど私は使いません。



最後の最後に仕上げとして使うくらいで、後は丸いものや、四角いもの、棒状のものをメインで使っています。







今回はダイヤモンドポイントについてお話させていただきました。

歯医者にとって、タービンとダイヤモンドポイント、は侍にとっての刀と同じようなもの。

いつも手入れを欠かさず、常に切れ味鋭く、自分の相棒となるように手になじませていきたいものです^^
スポンサーサイト
[2012/08/03 12:32] 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<アルジネート印象材 | ホーム | エアータービン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tomodc.blog.fc2.com/tb.php/5-c9742901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。