スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
エアータービン
003_20120803112006.jpg


埼玉県上尾市にあります歯医者「とも歯科クリニック」のブログへようこそ



今回は、みなさんが一番嫌いであろう、「キィーーーーン」と音がするアイツをご紹介します。




あいつの正式名称はエアータービンといいます。




強く圧縮した空気を風車のようなものに当てて、先端のドリルを回転させています。




ドリルが回転する際に出る音、それがあの「キィーーーン」の正体です。




あんな音、どれくらいの速さで回ったら出るんだろう?って思いますよね。



実は1分間に40万回転もしているんです。



40万なんてわかりにくいので、簡単にするとなんと1秒に6600回転以上してるんです。




めちゃくちゃ早いですね^^;これならあの音も納得かな^^;





経験された方はお分かりかと思いますが、タービンは水を出しながら回転しています。




あれはこの40万回転というパワーで削る際に出る摩擦熱を軽減させるために水をかけながらやっているのです。





もちろんやったことはないですが、もし水無しで削ってたら、1秒も持たずにイスから飛び上がる痛みが出ちゃうと思います;;






そう言えば、ジェット機の翼の下に、なんだかグルグル回転している丸い物体を見たことないですか??



あれもタービンなんです。




ジェット機の翼の下にあるあのタービンをすっごく小さくしたものが「キィーーーン」と鳴るアイツです^^





よく患者様から「あの音どうにかならない??」とか、「あの音だけはニガテなんだよなぁ」とお言葉いただきます。




そのとき自分は決まって「ジェット機が音なく飛べるようになったら、歯医者のあの音もなくなりますよ^^」ってお話させてもらってます^^;






タービンには先っちょに着けるドリルのようなものも必需品です。(写真に写ってます)

これもお話したい内容がいっぱいあるので、次回にお話しさせていただければと思います^^





スポンサーサイト
[2012/07/17 12:00] 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
スリーウェイシリンジ
001_20120803111445.jpg


埼玉県上尾市にあります歯医者「とも歯科クリニック」のブログへようこそ


今回はユニットには必ず一緒にくっついてきている「スリーウェイシリンジ」についてお話できたらと思っています。



その名前の通り”スリー(3つの)ウェイ(使い道の)シリンジ(筒)”



背面にボタンが2つ(AW)ついていて、これを組み合わせて使います。



まずはA



AはAIR(エアー、空気)のAです。


唾液が歯に付いていると見えにくいため、唾液を飛ばしたり、銀歯の型取りをする際にキレイにできるように周りのヨゴレを吹きとばしたり、色々活躍してくれます♪



暑いときには扇風機代わりに自分にシューッて風かけたりもして涼んでます^^;
けっこう涼しくて気持ちイイですよ^^





続いてW



WはWATER(水)のWです。



逆に治療中には熱を発する処置もあります。そんな時にこの水をかけて冷却しながら治療したり、薬の濃度を調整する際に水で薄めるのですが、その微妙な水の量の調整をしたりします。




暑いときには水鉄砲代わりにピューッって水出して遊んでたり.......しません^^;





最後はAWの同時押し



同時に押すと空気と水が霧のように噴出します。
強力ジェットパワーで、ここぞという時のガンコなヨゴレも吹きとばしてくれます♪




見方によってはディズニーのミストファンみたいでしょ^^
これで歯医者も楽しく感じますね☆






今回はスリーウェイシリンジをご紹介しました。


スリーウェイはお子様が扱ってもケガしたりすることはないので、当院ではたまにお子様に実際に触ってもらって、院長のお口の中にミストしてもらったりして、歯医者気分を味わってもらっています^^



大人の方でもスリーウェイシリンジよかったらぜひ触ってみてください♪
歯医者がちょっとだけ身近に感じるかもしれませんよ^^


[2012/07/08 11:26] 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
はじめまして
005_20120803110754.jpg

はじめまして
埼玉県上尾市にあります歯医者「とも歯科クリニック」のブログへようこそ


初めてのブログを書くにあたり、ふさわしい記事を考えていた所、患者様から

「この機械は何に使うの?」

とか

「この装置はどんな時に活用するの?」

って質問をよく聞くので、歯医者のよく分かりにくい色々な機械や装置、材料のことを少しでも知ってもらおうかと思っています^^



今回は、歯医者にいくと座るイス


歯科業界では「ユニット」と呼んでいます。


ユニットは歯科治療をする際によく使う機械がたくさん装備されています。


とも歯科クリニックのユニットは照明やモニター、リクライニング、座面は低反発ウレタンとなかなか座り心地いいですよ^^


みなさんの大嫌いなあの「キィーーーン」って鳴る機械、あれも実はユニットに組み込まれています><


当院では、みなさんに楽しんでもらおうと、季節ごとにユニットに飾り付けをしたり、ちょっとした演出をしたりしています♪


ちなみに現在は、ミニチュアのリラックマとキティちゃんがいっぱいユニットにくっついてます^^


お子様が喜んでくれるかなって思ったんですが、予想以上に大人の方が喜んでくれています。


夏の期間はハワイアンミュージックと甲子園の音楽が流れる演出もありますよ^^


どうしても緊張しがちな、歯医者のイス「ユニット」少しでもリラックスして治療を受けていただけるようにしています。




今回はすべての治療の基となる「ユニット」をご紹介しました。

これからも色々歯医者の事を知ってもらえたらなと思っています。

[2012/07/06 17:10] 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。